News

『推奨メソッド』

解剖学的に観て横隔膜、鳩尾は
一度固まると中々緩みづらいと
言われているポイント。

タオ的には
感情の最終ブロックエリア。
最後の関門ということかな。

だからといって
鳩尾にアプローチするのは
ダイレクト過ぎるので

蝶形骨の開放による
筋膜の動きを通じて
鳩尾を解放していくのが

【上の如く下も然り】

上で起こることは
下でも同じく起こるということ。

鳩尾が固まることによる
呼吸パターンの乱れが
90%の病気の根本原因と言われてます。

鳩尾を解放するには
まず蝶形骨の解放が大切で
蝶形骨を解放するには
【顎の解放】です。

顎がトリガーとなって
蝶形骨や鳩尾が解放されます。

このような理由で
顎の解放ワークを
クラスでよく行ってます。

顎の解放が大切なのは分かった。

ではなぜ顎が固まるのか?

それは
・頑張るから
・我慢するから
・身構えるから
・気が上がるから
・我が強くなるから

これが長年続くと
骨格にエラが張ってきます。

今気付いたけれど
不思議なことにどれも
【ガ】が言葉に入ってる。

ガという響きからは
流れを塞き止める印象を感じる。

顎のワークだけでも
色々なバリエーションがあるのだけど

誰でも簡単にできて
効果絶大なのは
藤本靖さん考案の割り箸ワーク。

色々なサイトで紹介されているけど
このサイトが一番解説が丁寧でした。

僕はこの割り箸ワークは
一つのメディテーションだと思います。

割り箸をくわえて
ただ呼吸をしているだけで
深い瞑想状態に入ります。

瞑想の導入に最高。
魔法のような効果を感じました。

やるかやらないかで違いが出てきます。 

割り箸ワークは
オーディオレッスン①の最適な準備となります。

割り箸ワーク
http://www.urehada.com/20160228/1506/