News

『アロマディフューザー/ウイルス対策』

こんにちは、裕也です。

今日はアロマディフューザーについて
書こうと思います。

ディフューザーは
今まで色々購入して試してきましたが、
中々納得のいくディフューザーに
出会えていませんでした。

香りの拡散力はあるけれど
音がうるさかったり

音は静かだけれど
香りの拡散力がなかったり

壊れやすかったり。。。
.
.
.
結論からいうと
ピエゾ式のディフューザーが
最も気に入っています。

これです。
https://store.at-aroma.com/category/CAT_DIF_PIE/DIF_PIE_SOL_GR.html

なぜかというと
香りの拡散力が強くて
音が静かであるからです。
.
.
.
デメリットは
高価であること
蓋の締まりが緩いこと
精油の消費量が多いことですね。

なので僕の場合は
気に入っていない精油や
安価な精油で使用することが多いです。

精油を買ったけれど
アロマセラピストや
アロマオイル愛好者以外の方は
使っていないままの方が多いと思います。

僕は香水の開発の為、
様々な精油を購入しますが、
気に入っていない精油が
たくさん余っていたので
消費量の多いピエゾ式で丁度良いです。

これまで気に入っていない精油は
お風呂に入れたり
洗濯機に入れたり
トイレの芳香剤にしたり
掃除に使ったりしましたが
それでも中々減らないので
ディフューザーで
たっぷり使用することにしました。
.
.
.
今、空間浄化用の
スペシャルなブレンドオイルを
開発しています。

流行りのウイルス対策にも
有効な調合を色々試みています。

すぐに取り入れたい方は
ティーツリーやユーカリ精油を
ご自身でブレンドして
使ってみてくださいね。

ユーカリは肺炎に良いですし
ティーツリーはカビ対策にもお薦めです。

このディフューザーを販売されている
アットアロマ社は
専用のピエゾアロマオイルを
使用するようにと伝えていますが、

自己責任でエタノールで希釈して、
使うことも出来ます。

ピエゾ式ディフューザーは
100mlのタンクなので
100mlフルで入れる場合は
エタノール70ml、精油30mlの比率で
入れると良いと思います。
.
.
.
安価なディフューザーもご紹介します。

以前「みんなの習慣」というテーマで取材していただいた北麓草水の姉妹ブランドであるマークスアンドウェブのディフューザーです。
https://www.marksandweb.com/store/g/gGOEU011/

「みんなの習慣 Vol43 野口裕也」
https://www.hokurokusousui.com/style/vol44/

こちらは
エタノールで希釈せずに
アロマオイルのボトルを
そのまま使用できる手軽さがあります。

拡散力は
ピエゾ式程ではないのですが
六畳程度の広さの部屋で使用するなら
これも良いと思います。

デメリットは
音が結構うるさいということです。

僕の家では
トイレで使用していますが、
トイレだとこのくらいの音があった方が
良いかもしれません。

揮発性や拡散性の高い精油を
使用するならば
アロマウッドLもお洒落でお勧めです。

Lサイズだと
中に精油ボトルを入れられます。
https://www.marksandweb.com/store/g/gGOGH111/

空間浄化用のオイルが完成したら、
ぜひこれらのディフューザーを使用して、
日常で香りの力を
活用してみてくださいね。

2月16日に開催するお話会
『変容と衣食住の心得』では
質問次第で変わりますが
主に以下のテーマで
話を展開する予定です。ぜひ。

<住>
風水の極意
風水と口内環境 
原生林と口内環境
金歯とセラミック
最先端の歯科治療 
最先端のデンタルケア
口内善玉菌に餌を与える
五大元素と空間
五大元素と五行のベクトル
やる気(火)を起こすには
就寝時間と変容
野生動物のリズム
DNAのダメージと修復
メラトニンの波に乗る
身体が作り変わる周期
タツノオトシゴと人間
最新の電磁波対策
放射能汚染と移住
電磁波の中和と悪夢
蚊帳の知られざる効能
寝具素材の組み合わせ方
寝室を神殿にする為の寝具
様々な環境で寝れるように
照明を活用して意識を整える
家を整えることで身体を整える
空間に協力してもらう
身体と家はリンクする
呼吸をする家と皮膚呼吸
新陳代謝を高める為の掃除
超能力を開発する場所と空間
自分と部屋との関係性を見直す
ウイルスとインフルエンザ対策
お勧めの空気清浄機と観葉植物
形の力を活用して空間浄化する
精油の力を活用して空間浄化する
フランキンセンスの秘密と使用方法
家をパワースポットにするアイテム
家に結界を作るためのアイテム
微量ミネラルと天体と意識