News

『地球のリズムに合わせたライフスタイル』

湯布院は、秋晴れの気持ちいい日が続いていますが、朝晩はとても冷えるようになってきました。

厳しい寒さがやってきて、陰極まる季節になってきたら、標高の高いヒマラヤで裸で過ごすヒマラヤ聖者が行っているトゥンモを修練する予定です。

ヒマラヤのような極寒の環境で採れるシラジット等のメディスンは、真冬に摂取するのをお薦めします。

チャーガも極寒の地域で採れるものなので、冬にお薦めです。

その土地に住む人々をサポートする植物が育つのは興味深いです。その人に必要な薬草が、その人の家の庭に生えたりするのですから。

まるでその土地に住む人の体調を読み取って、その人に必要な成分を植物が自ら錬金しているかのようです。

アルカリ水生成器からは酸性水が排出され、クラスには必ずいじめっ子といじめられっ子がいて、陰の季節には陽の食べ物が採れる、これがこの世界の法則です。

この法則の中で、如何にこのシーソーのバランスを楽しみ、それを逆に活用していけるかがポイントだなと思っています。

私はエクササイズ、仕事のリズム、食べ物、服と寝具、歯磨き粉やシャンプー等、四季に合わせて全て変えています。

良い意味で、慣れさせない、飽きさせない工夫を自らしています。

常に新鮮な刺激を自分に与えることで、新鮮な感受性を保っています。