News

『ゾクチェンの教え』

瞳は本来遠くを見るようにできています。

遠くを見つめていると、呼吸は深くなってきます。

チベットのゾクチェンの教えには、青空をただ眺める冥想があります。

人は見たものの印象を取り込むので、青空を見つめていると、青空が自分に転写されます。

そして、自分の存在が青空の印象で満たされていきます。

これはとてもシンプルな教えでありながら、とても高度な冥想なので、響いた方はぜひ青空をただ見つめてみてください。