News

『クンルンネイゴン®システムについて』

クンルンネイゴン®システムとは
長い歴史の間、別々の道を歩んでいた
3世紀頃発祥の道家矛山派の伝統と
7世紀頃発祥の道家呉派の伝統が
清風道人師によって
今世紀初めて融合し一般公開された
古代のダオイスト達より継承され続けている
長い歴史を持つ稀有な教えです。

3世紀頃発祥と記述していますが
実際にはその起源はさらに遡るようです。

この伝統は数千年間に渡って
真実を探求する数万人のダオイスト達により
テストされてきた手法です。

これだけ長い年月生き残ってきた手法と
長くて40年程度のニューエイジメソッドの違いは
漢方薬と新薬のような違いがあります。

それがどのように作用するのか?

それを数年、数十年間ではなく
数千年間に渡って数万人によって
検証されてきたのです。

私の個人的な印象では古い手法程
余計な文化的不純物が少なく
シンプルなプラクティスです。

そしてシンプルなプラクティス程
実践する人を選ばない。

でもシンプル過ぎて
人の方が選ばないという現実があります。

何かの手法を学ぶということは
貴重な時間とエネルギーを

もっと言えば
他に替えることのできない
自分の生命力を注ぎ込むわけですから

学んでいる手法が
どのような系譜であるかを
確認することは結構大切です。

この古代の手法は
道教の不老不死が発祥した
伝説の“崑崙山”の寺院から
伝わってきています。

不老不死で東を司る龍である伏羲が
老子に古代の手法を
伝授した場所でもあります。

クンルンネイゴン®システムは
古代の手法を洗練させたもので
人間が到達できる最高の状態を
この人生で成就させる人のためのものです。
結果を出すのに長年かける事はしません。

3つの身体(肉体・感情体・思考体)が
同一の周波数になることで

人間が到達できる最高段階である
道教の伝統ではゴールドドラゴンボディ
仏教の伝統では不滅のダイアモンドボディ
チベットの伝統では虹の身体と
呼ばれている身体が目覚めてきます。

クンルンネイゴンは
伝統的な道教の系統ですが
道教の一般的な火の道を扱う
理論や手法とは違います。

地球上に現存している
エソテリック(秘教)の9割は火の道で
尾骶骨に眠る火(電気)の力を目覚めさせ
背骨を上昇させることで変容を促す実践で
現世に帰ってくることのできない
片道切符の道です。

クンルンネイゴン®システムは
水の道を扱う系統です。

地球は水の星であるのに 
水の道は2つの流派にしか
継承されてきませんでした。

水(磁気)の道とは、降りてゆく道です。
乾いた布に火をつければ燃えてしまいますが
濡れた布に火をつければ
燃えずに加熱蒸気が発生します。  

これが先に水の道を歩むことで初めて生じる
火と水の融合による変容のヒントで
帰ってくることのできる往復切符の道です。

道教に伝わる錬丹術のプロセスには
大きく分けて3つの段階があります。

1 火 チーゴン(気功)
2 水 ネイゴン(内功)
3 風 

チーゴンは一般的な気功のことで
気功は自然界から
電気エネルギーを取り入れるのに対して

ネイゴンとは内功のことで
内功は身体に内在している
小宇宙(ブラックホール)から
磁気エネルギーを取り入れています。

これは十数年前から
世界各国の科学者の研究対象になっていて
実際に様々なエビデンスがあります。

ダオイスト達は
身体の全細胞と全宇宙は
完璧にリンクしていることに
古代から気付いていましたが
現代の科学でも証明されつつあります。

クンルンネイゴン®システム創始者
マックス・クリスチャンセン(清風道人師)

公式サイト
http://www.primordialalchemist.com

インタビュー動画『錬金術とは?』
https://www.youtube.com/embed/Mb7In17fWYo

1960年生まれ。
マックス・クリスチャンセン氏は3つ子のひとりとして生まれましたが、2人の兄弟は生まれてすぐに亡くなりました。子供の頃から他のアメリカ人とはまったく違う性質が現れていました。彼は、これまで、北アメリカ、ハワイ、東アジアの先住民族の伝統的な手法を勉強してきました。これらの伝統の中で、彼は様々な称号を与えられました。その一つがラマ・ナパ・ドーチェというものです。(チベットにおける高僧の称号)。

湖北省武当支部のウィ・シャオドン師のもとで学び始めたのが1966年、マックスが6歳の時です。すでにこの年齢から、様々な秘儀や錬金術的な実践法に触れはじめました。その中には様々な気功(宇宙のエネルギーを自分自身に取り込む方法)と内功(エネルギーを他人に伝達する方法)が含まれています。

マックスは、スネークバグア、道教のサンダ―プラクティス、スネークチョッドやモンゴル医学においてもトレーニングを積んでいます。クンルンネイゴンやクンルンの希少な伝統について学び、このクンルンネイゴンは彼がとらえた最も価値ある真髄の部分を凝縮させたメソッドです。

その後、マックスはネパールのフォドラング寺院の高僧ラロ・リンポチェ師から指導を受けました。チベット仏教の二ンマ派において、「内側に眠っている力を目覚めさせる者」を意味する「ナパ・ドーチェ」の称号を授けられたのです。その他、ハワイでは道教の師のもとで学ぶと同時に、ペレ・クーとカネ・ルー派のジェラルド・ドゥアルト師からロミロミを学んだり、ネイティブアメリカンのヤキ族の伝統について学び、レッド・ウィロー・ソサエティの秘儀を実践する資格を取得したりと、様々な伝統を引き継いでいます。

クンルンネイゴン公認Apprentice(KUNLUN®Apprentice)
錬金術・調香師(Âlchemist・Përfumer)
野口 裕也(Yuya noguchi)

1986年東京出身 
19歳からクンルンネイゴン®システム創始者である清風道人師とその正統継承者である天仙道人師に師事し、主に道家茅山上清派高等錬丹術を13年以上に渡り修練する。現在は公認Apprenticeとして、世界各地でクンルンネイゴンセミナーを開催中。

『お問い合わせ』
https://paurosa.com/inquiry
ご質問、お仕事のご依頼等は
こちらからお問い合わせください
事務管理より5営業日以内にご返信いたします